マイナンバーの収集代行業者について

  • マイナンバー管理では収集代行の利用も検討しよう

    • 個人単位で実施されたマイナンバーは、正当な理由がなければ変更できない個別の番号であり、慎重に管理しなければいけません。

      真剣に朝日新聞デジタル情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

      注意点はマイナンバーの収集の段階から法律上の義務を果たさなければいけないことでして、全ての取引先や社員から適切に集めるのは手間がかかる作業です。

      そのため、マイナンバーの収集代行に任せて、管理する部分だけに注力する方法が主流になっており、多くの企業が短期間で適切かつ正確にリストを作成しています。


      会社に勤めている社員ですら、上司などの管理に無関係な人間に見せてはならないと定められている以上、収集代行の会社を窓口にしてしまった方が確実です。



      収集代行の会社に任せれば、マイナンバーに関する質問への返答や、収集時に義務づけられている説明もスムーズに行われます。


      適切に収集して、なおかつ、リストの引き渡し後は確実なデータ処分が約束されているので、そこから外部へ情報漏えいになる危険は最小限に抑えられるメリットもあるのです。

      マイナンバーのソリューションといえばこちらです。

      途中で色々な人間が介在するほど情報漏えいのリスクが高まってしまうので、マイナンバーを適切に取り扱える体制を整えている専門の会社に収集代行を依頼する事例が増えています。誰でも自由に出入りできる事務所や、連絡書類を各自の机に置きっぱなしにするやり方では、万が一漏えいした場合に行政処分が下されてしまい、会社としての信用を失ってしまう危険があります。
      しかし、急に会社のやり方を変えることは難しいので、リスク低減として収集代行に任せることも検討してみるべきです。