マイナンバーの収集代行業者について

  • マイナンバーはアウトソーシングできる

    • マイナンバー制度の対応をしなければならない会社ではその処理についてまだきちんと運用できていないところもあります。


      しかし源泉徴収票や支払調書にマイナンバーの明記が必要なので、収集から本人確認、番号管理からシステム対応など行う必要があります。


      マイナンバーを社内で運用するためにはまず規程を作らなければなりません。

      マイナンバーのソリューション情報を、皆様へ配信するサイトです。

      そして従業員に周知して番号を集めるという作業が必要です。

      気軽に共同通信社に関しての情報が閲覧できます。

      従業員が番号を記入する用紙や本人確認をするための書類添付をしてもらいシステムなどで管理する事になりますが、番号は個人情報でもあり番号法に定められた管理が必要なのです。
      それは情報が漏洩しないように安全管理措置を実施するということになり、例えが取扱者以外が立ち入りできない場所を確保したり、システムなどはアクセス権の設定、セキュリティを強化してウィルス対策も必要になります。

      会社にとっては管理する業務が増えるだけでなく、リスクもつきまとう事になるのです。マイナンバーを利用する頻度なども考えて社内で管理するべきか検討が必要です。

      これら一連の業務はアウトソーシングすることも可能です。

      アウトソーシング先の業者にて収集から本人確認、番号管理、給与などのシステム利用とアウトソーシングなら専門的に取り扱っている業者であり、安全管理措置も出来ているので社内で管理するという業務は必要なくリスクを最小限に抑えることも出来ます。
      アウトソーシングなら今後何か対応することが増えても早く対応してもらうことも可能です。